米沢市の雪灯籠祭りを見てきて感じたことを書きます

昨日、米沢市で行われている雪灯籠祭りに行ってきた。今年で40回目となる祭りでけっこう歴史がある祭りらしい。なんでも山形県外からも祭りを見にくる人がいるらしく、九州から来たという人もいたらしいのだ。札幌の雪祭りと比べると、規模は小さいがこじんまりとしていて、子供たちが遊ぶところもあって、なかなか良かった。色々な催しものもあるし、屋台や出店もたくさん出ており、美味しいものも豊富にあったので、満足できた。中でも米沢や隣の宮城県にゆかりのある戦国武将たちを集めた催しがあり、その武将たちが演舞を披露するというものが舞台で行われていた。しかも入場料金は、無料ということもあり、そこそこお客さんが入っていた。お客さんの中には、カメラやビデオを片手に熱心に見ている観客もいた。いわゆる戦国武将好きなマニアな人たちが多く集まっていたようだ。こういうマニアの人たちは、このようなイベントがあると全国を駆け巡っているのだなと思うと、ある意味その情熱に尊敬の念すら感じる。ミュゼ うなじ