働く人が増えて、ここだけはよくなりました

PTAでも、何でも無償システムは日本に根好きずらいです。田舎のほうでは、共同で、会合もあるのですが、その流れで、無償、ボランティアもアメリカ式ではなく、日本式になってしまっているように感じます。アメリカのような文化でもないし、日本では、必ず、誰もがやる、当番制がねずいているのです。
それでは、今まで、誰が担ってきたのかというと、専業主婦なのです。専業主婦は猫も杓子も、暇ということになってしまっていて、PTAには必ず、便利に使われます。働いている人は免除されたりしました。
ここにきて、保育所騒動で、働いている人も、いない人も分け隔てのない、役員活動になりつつあり、専業主婦には、ありがたいことです。
しかし、都市の場合であって、大阪に住んでいたころは、専業主婦に負担を持っていましたね。古いタイプの社会でした。
夜にピンポンされ、活動も夜なのです。核家族の専業主婦とおばあちゃんのいる専業主婦では違いがあるのに、専業主婦ということだけで判断されていました。キレイモ脱毛予約