やはり指摘してあげた方がいいのだろうか?

会社の同僚であまりに猜疑心が強い人がいる。
普通のレベルならいいのであるが、彼の場合にはあまりにいろいろと疑いすぎているようなケースが目立つ。
ほんのちょっとのミスでも許さないのか何度も書類を見手は、ちょっとでもミスと感じれば相手を激しく叱責したり、
ちょっとした噂話程度で関係ない話でも彼自身が何かを言われているのではないかと思ったりしていてよくわからないところで怒ったりしたり、
確証があるわけでもないのに、相手を攻めたてたりとかなり精神的におかしいのでは?と思う言動が多くなっているのです。
なるべく怒らせないように説得しても、会話がまるで通じないような状況で言い返しても来るので、うまく説得もできません。

ひょっとしたら妄想性パーソナリティー障害ではないかという風に私自身も思うし、周りも調べてみてそうではないかという話になっている。
このままほっておくのもよくないのだろうなと思っているのだが、彼自身に言うのもあまりよくなのだろうなとも躊躇も生まれる。
どうしたものかという感じで本当に困っているものだ。ミュゼ 300円 カウンセリング